12インチMacBookのキーボードが押しづらい時の対処

出先でメインで使っていたMacBookのキーボードが押しづらくなったのでメンテナンスを行いました。

結論だけ言ってしまうと変に分解したりせずにまずは公式のメンテ方法を試してみてねって事だけなんですが・・・


私の使っているMacBookはいわゆる12インチMacBookと言われたり、MacBook Early 2016と言われたりするタイプです。

キーボードのwキーだけが何か挟まったような感じで押下できなくなり、タイピングに深刻な影響が出ていました。

自分で分解しての修理も考えましたが、iFixitの分解容易度は10段階中でなんと最低の1・・・

分解するには敷居が高すぎますし、失敗してサポート外になってしまうと目も当てられません。

そこで、Appleの公式ページに出ているメンテナンスの方法を実行してみました。

内容は、MacBookを傾けてエアダスターで吹くだけ。

正直これで治るのか不安だったのですが、面白いくらいにすっきり治りました。

キーピッチが極めて浅いので、ゴミが挟まりやすいんですね。Appleもこういう減少が頻発する事を予想していたのかもしれません。

買ってから半年も経っていなかったので、故障でなくてよかったです。

これからは定期的にこのメンテナンスを実行したほうがいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする