【課題】オンラインゲームの魅力について

前回の授業に関して

5回目になりまが、この記事は大学の授業の課題で作成しています。(ただし、他の記事と同じ位置づけで書いています)

前回の授業で、主張から論証までの繋がりが弱いというアドバイスをいただきました。

先週の記事を読み返すと、確かに主題に対する主張の関連性が弱く、そのせいで論証の方向性が迷子になってしまっているような感じがしました。

原因としては、おそらく全体の流れを考えながら書けておらず、主張の文ごとの意味がバラバラになってしまったからだと思います。

今回は全体の流れを意識しながら書くようにしたつもりですが、すぐに改善するのは難しいかもしれません・・・

課題本文

最近ではゲームのプレイヤー層がソシャゲと据え置きゲーマーに二極化されてきた気がします。オンラインゲーマーの人口は日本では減少傾向にあるかと思いますが、今回はあえてオンラインゲームの魅力について書いていきたいと思います。私自身、今は忙しくてやっていませんが、半年ほど前まではあるゲームで仲間と共にサーバーランキング1位を取るほどやりこんでいました。フレンドの方にも優しくしていただき、ライト勢からやり込み勢まで幅広い方々と一緒にゲームを遊びました。その中で実感した楽しさを書かせていただきたいと思います。

まず、オンラインゲームには様々なジョブやスキルがあり、それらを極めていくのはとても面白いと感じました。始めた頃はその複雑さに圧倒されてしまいますが、未開拓のスキルを使っていく度に強くなれるのは非常にやりがいがあります。また、人によってプレイスタイルも多彩なので、アクションが苦手でも支援役として活躍したり、ダメージをカットしまくって無敵になれたり、はたまた防御力を極限まで削ぎ落として超火力を出したりと、自由な遊び方ができるのも特徴です。

次にオンラインゲームの醍醐味といえば協力して敵を倒す事ですが、これも実感してみるとやみつきになるものがあります。ボス級の敵はひとりひとりではとても倒せませんが、それぞれが自分の役割をこなすことにより人数以上の強さが発揮され、初めて倒すことができるようになります。自分の育てたキャラクターがその一部になれていると実感できた時は、他では得がたい快感を得ることができました。協力して何かを成し遂げる楽しさを手軽に得られるのも、オンラインゲームの魅力の1つではないかと思います。

オンラインゲームの魅力のほんの一部を紹介しましたが、どうだったでしょうか。自分の育てたキャラクターで気の合う仲間と遊ぶのは大変楽しいものです。ゲームを始めるしきいは少し高いですが、興味を持っていただけると嬉しいです。

(813文字)

おわりに

授業の内容も含め何を書こうか迷っていたら、期限を過ぎてしまいました。本当に申し訳ありません・・・

次回は必ず金曜までに書くようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です