PCの電源が点かなくなりました・・・

img_20161012_104457
(↑画像はとりあえず掃除するために開けてみましたの図)

我が家にはPCが3台ほどありまして、そのうちの1台の電源がつかなくなったのでご報告します。

つかなくなったのはデスクトップPCで、2014年の4月にドスパラで買ったものでした。

core i7 4770K、16GBメモリにGTX750搭載のマシンで、私のオンラインゲームライフを支えてくれていました。

オンラインゲーム自体はもう引退し、サブ機として使っていたので実生活に問題はありませんが、性能も高くモニタも3枚構成でとても快適な環境だったので、是非とも直したいところです。

症状

一昨日USB接続のSSDからブートしたUbuntuを使っていたところ、突然電源が落ちてしまいました。

それをきっかけに電源ボタンの効きが悪くなり(電源のつく確率が低くなり)、電源が入らなくなりました。

たまに入るのですが、電源ランプがついてもすぐに(0.3秒ほどで)また消えてしまいます。

そこから再起動が繰り返され、最終的に電源は入るのですが殆どの場合OSやBIOSが起動しません。

まれにWindowsが起動することも確認していますが、ほとんど実用はできないという状態です。

原因

PCの電源が入らなくなる可能性は無数に存在しますが、今回の症状はなかなか厳しいようです。

今回の故障の原因としてあげられるのが、

  • CPUの放熱が全くできていない
  • 電源装置の劣化・故障
  • マザーボードの故障
  • RAMやCPUなどの故障

ポイントは、使用中に突然落ちたことと、電源が入ってもすぐに落ち、再起動すること。また、電源が長時間つくこともあるということ。

ここの記事によると、

  • CPUの放熱問題だった場合、電源はつくが必ずすぐに落ちる
  • RAMやCPUの故障の場合も、長時間電源が入るとは考えにくい
  • マザーボードの故障だった場合、電源は必ず入るだろうということ

これらの症状から考えるに、おそらく電源装置の故障ではないでしょうか。

ただし、電源装置が壊れた状態でOSが起動することは考えにくいですよね・・・

私としてはそこまで交換にお金のかからない電源装置の故障であってほしいので、「劣化して出力が不安定になった」と思いたいところです。

対応

とりあえずお金をかけずに試せる方法からやっていきたいと思います。

  • 掃除してみる → ダメでした
  • 放電してみる
  • メモリやグラボを外したり刺しおなしてみる
  • 電源を換えてみる

全部ダメだったらサーバーマシンからパーツを借りて、それぞれ動作確認するしかないですね・・・

南無三・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする